ホーム > 統合失調症の治療 > 社会福祉制度を利用しよう!

社会福祉制度を利用しよう!

統合失調症は、生活を通常通りに送ることが出来るひとから、入院をしなければならない人まで症状が様々な病気です。それぞれにあった支援制度を利用して、社会にでる準備を行いましょう!

制度を利用するに当たって・・・

統合失調症を患っている本人、そして家族はその病気を認めたくは無いかもしれません。精神に関わる病というのは、まわりからの偏見が無いとはいえないため、障害者手帳などを持っている、その制度を利用しているということだけでも拒否したくなってしまうこともあるでしょう。

しかし、日常生活が送れないという状態があるのであれば、国の制度を利用してお得感を知ってしまいましょう! 病院の治療費や薬だけではなく、公的施設の割引や携帯電話の料金が安くなることもあるので、家族と一緒に利用するのもよいですよ。統合失調症という病気を認めることから始めるというのが必要なのです。

公的機関を利用して

精神障害を持っている方や家族に対しての医療費や公共施設利用費は、公的の機関を通して申請することができます。年金などの控除や生活のためのお金の支給をされる事ができるようになるため、治療や入院のための費用を抑えることが出来るようになります。

統合失調症の症状が進んでしまうと、社会生活を送ることが困難となり自分で収入を得ることも難しくなってしまうので、利用できる国の制度はどんどん利用しましょう。

精神障害者福祉保険手帳

身体障がい者や知的障がい者に手帳があるように精神に障がいがある人々へも手帳が交付されます。日常生活や社会に出るということが難しく、それが病気であるということから、自立や社会にでるという事を目的として受けることの出来るサービスなのです。

医師の診断が必要

精神障害者であるということ、そして日常生活を送ることが自力では難しいという状態と医師が判断した場合、自立を支援するためのサービスを受けるために交付される手帳があるのです。初診時から半年以上経過し、医師が障害年金を受けるための精神障害者福祉保険手帳の交付を受けたほうが良いと考えた場合に、診断書を書いてくれます。

もし、統合失調症だと診断を受けていることがはっきりと自覚できているのなら、自分から障害年金を受けるために診断書を書いてもらうというのも良い手でしょう。

障害の等級

障害年金の給付を受ける場合、障害の度合いによって給付金や受けられるサービスが異なってきます。1級から3級の3段階に分けられ、生活の状況に応じて役所が等級を定めます。自立した生活を送るための支援制度のため、2007年には自立支援制度という形に法令が変わりました。この変化によって不利になった方もたくさん居られます。

毎年の更新が必要

障害者手帳には、障害者という枠で色々な制度を受けられることが出来ます。所得税や住民税などの税金から、自動車税まで様々な出費を抑えることが出来るようになります。障害の等級によって支払う料金が変わりますが、家族の中に障害者がいるということでも優遇される場合があるため、家族全員で話し合って障害者手帳の交付を受ける必要があるかもしれませんね。

1年に1度の更新が必要となりますので、通院して医師の診断を受ける必要がありますが、家庭内でのお金面に対しての優遇があるため本人のみならず家族や周りの人も更新手続きを忘れないようにしておきましょう。

障害年金をもらうと保険をかけられない!?

障害者手帳を交付されている方は、生命保険などの加入が難しい場合があります。最近では、持病を持っていても入れたり医師の診断が無くても加入できたりする保険が何種類もあります。精神疾患を持っている方であっても、入れる保険というのは無いというわけではありません。

しかし、統合失調症を患ってから保険に加入をするということは、まだまだ難しい段階でもあります。掛け捨ての保険や加入後2年以上の保障がされる保険であれば、解約なども可能な保険会社のプランを見つけられると思います。

▲このページの先頭に戻る


その他のサイトを検索

このサイト内を検索

BACK

NEXT