ホーム > 統合失調症なのかな? > 総合失調症と併発する病気

総合失調症と併発する病気

統合失調症の症状は、精神病の集合体と呼ばれるほど、他の精神に関わる病気と似たものが多いです。

そのため、すぐには統合失調症と診断されるというわけではないでしょう。また、違う病気と伴って発症する例も少なくありません。併発している人の多い病気を紹介しておきます。

うつ病

統合失調症、鬱病の両方にかかっている人は少なくありません。また、鬱病と統合失調症の違いとは、幻覚や妄想の症状があるかどうかの違いだけを見る医師もいます。もちろん、脳などの検査は行いますが、気分障害などに当てはまらない場合に、まず統合失調症の薬を試してからということも有り得ます。

統合失調症は、うつ病よりもまだまだ偏見がもたれている病気でもあります。そのため、周りの人からの偏見などの重圧からうつ状態がひどくなる場合が考えられています。

クスリが効かない?

統合失調症の治療に用いられる薬は、その症状を持っている人以外が飲むと、眠くなってしまうことが多いのです。薬が効いている人がとてつもなく眠気に襲われるということは、ほとんどありません。

そのため、統合失調症の疑いを止めてうつ病を改善するための薬、抗うつ剤などが処方されます。精神の病気というのは、「これ」というように、すぐには定められない事があるのです。

統失とは別々の病気

統合失調症とうつ病は、基本的に原因も違いますし症状も違います。しかし、統合失調症の症状の中には、気分がうつ状態になるということもあるので、鬱病と診断されてしまうこともあるのです。

しかし、幻覚や妄想などの症状が見られなかったときの話となります。統合失調症の陰性症状と呼ばれる中には、うつ病と良く似た症状が現れてきてしまうものなのです。どちらの場合にも、初期の段階であれば治すことができ、再発することはあっても通常の生活は送ることが出来るのです。

パニック障害

自律神経の機能状態が乱れることによって、めまいや激しい動悸を感じることが度々起こる病気です。パニックが起こる原因は人それぞれですが、狭い場所や広すぎる場所、またはバスや電車の中などの逃げ道が無い空間などがあります。

自律神経のバランスが崩れることによって、不安感に襲われ呼吸が乱れてしまうこともあります。また、そのパニック発作がいつ起きるかという気持ちがあることによって発作を繰り返してしまうのです。

統合失調症の陽性症状

統合失調症の陽性症状のひとつとして、幻覚というのがありました。その中でも幻聴というのは、パニックを起こした状態でも聞こえてくることがある方もいます。パニックを経験してから病院を訪れると、幻聴の症状が見られている場合でもパニック障害と診断されることがあります。また、統合失調症を患っている方の中には、パニック発作が起きてしまう原因が、統合失調症の症状とは関係の無い場合もあるのです。

糖尿病

統合失調症に限らず、精神に関わる病気を患っている人の中には、糖尿病に罹る方が多いと言われています。また、糖尿病は、病気をもともと持っている、いないに関わらず、患者がどんどん増加傾向にある病気です。健常者よりも統合失調症の患者の方が糖尿病を患う確率は高いとされています。

薬と食生活の見直し

統合失調症の初期には薬を飲むことを拒んだり、陰性症状の状態では意欲が失われるために食欲が失せたりと不規則な生活を送ることになってしまいます。

必要な薬も食事も管理できない状態であることは、本人にとっても家族にとっても辛いことですよね。抗精神病薬の副作用が糖尿病を発症させている要因ともなっています。副作用のなかには、高血糖や高脂血症の原因となる物質が含まれていますし、肥満の元にもなります。そのため、食事には充分に気をつける必要があるのです。

▲このページの先頭に戻る


その他のサイトを検索

このサイト内を検索

BACK

NEXT