ホーム > 統合失調症患者と家族へ > 薬の値段を安くしたい

薬の値段を安くしたい

統合失調症には、欠かせない薬ですが通院費と薬代はけっこうお金がかかるものですよね。薬の値段を抑えるための方法は、いくつかあるので紹介しておきます!

障害者自立支援医療制度を使って!

精神病院(心療内科)に通っている人は、日常生活での服用が欠かせないという方がとても多くいます。そのため、利用費や薬の代金だけでもかなりの出費となってしまいます。

医療費は、保険証を持っている人であれば治療費や薬代は3割負担となっています。精神障害者手帳や障害年金を受給している人であれば、その負担額が1割になるというとても助かる制度があるのです。

通院や入院が必要な人は…

障害者と健常者というように、人を分けてしまうことはあまり望ましいことではありませんが、病気や障害によって収入を得られない人はたくさんいます。その人たちを助けるというのは国の制度でも定められていますし、健常者が障がい者への手助けを行うということは当たり前と考えて良いかもしれません。

心無い健常者の方が、障がい者に向けて、なぜ医療費が安んだ! と不満を訴える人もいます。現に国会などで問題となっているような年金や保険の問題がありますしね。でも、日常生活を送ることができない=生きていけないというようになってしまっては、人権損害ともなりますよね。理解が求められるのはこの辺りかもしれません。

自立支援医療制度

障害者手帳が交付されていない場合でも、障害者自立支援医療制度という通院への配慮がされているサービスが用意されています。この精神通院制度は、医師の診断書によって医療費が1割負担になるという仕組みになっており、初診時より利用することが出来ます。

しかし、これは、世帯の収入状況によって月に給付される上限額が決められています。統合失調症患者でも、家族が生活の助けを行える状態であれば世帯所得によって医療費の自己負担額が変わってきてしまうという事になるのです。


生活保護世帯

統合失調症の人が一人で暮らしている場合、もし収入を得られない状態であれば生活保護を受けなくてはいけません。また、高齢者と暮らしている場合や病人のいる家族であれば生活保護を受けて暮らしているでしょう。そのため、医療費負担の上限額はありません。


世帯所得が低い

市や県などに支払っている民間税が低い=所得が低いということになります。統合失調症患者本人の収入が、1年間で80万円に満たない場合にも低所得に分類されます。その他愛には、月に2500円の上限が設けられています。また、80万円以上の収入を得ている人手あっても、上限額が5000円と定められています。


世帯所得が中間

民間税の支払い率によるのですが、医療費の上限が1万円から4万円ほどと幅が広がります。詳しくは役所などで調べる必要がありますが、もし、障害者手帳の交付が受けられるならば、受けておいて損は無いでしょう。


世帯所得が高い

世帯所得が高いということは、家族で生活をする上でお金の面では困っているわけではないというように見られてしまいます。そのため、医療費の自己負担額の上限がつけられないことがあります。

ジェネリック医療を使う

ジェネリック医薬品という言葉は、CMなどでも用いられてご存知の方も多いのではないでしょうか? 本来必要な薬の成分が含まれており、病院で処方される薬と同じ効能が期待でいる薬をジェネリック医薬と呼んでいます。

薬にも特許があり、20年から25年の間は、他の企業などには知らされませんが、その特許の期間が 過ぎると他の企業でも同じ成分の薬を作ることが出来ます。何年もの間、利用され続けてきた薬のため安全性も確かなものとされていますし、他の企業がその成分を把握するための研究費用や時間がかからないために値段がとても下がることになるのです。

2007年に統合失調症の薬もジェネリックに!?

統合失調症の症状に効くといわれる抗精神病剤などのジェネリック医薬品というのは、ほとんど存在していませんでした。

しかし、ニーズが高いことや薬品の研究が進んできたことから、抗精神病剤のジェネリック医薬品が発売されるという予定になっています。統合失調症で通院・入院している人にとっては欠かせない薬の値段がとても安くなるということは良いことですよね。

▲このページの先頭に戻る


その他のサイトを検索

このサイト内を検索

BACK

NEXT